2009-04-28

台湾での仕事について

Q:
こんにちは。台湾で仕事をしたいのですが、最終学歴が中学校卒業の場合はビザが発行してもらえないと聞きました。高校を卒業していないと台湾で仕事は出来ないのでしょうか?

A:
お答えします。
ビザにも色々種類があります。種別に言えばAというビザ。これが一般的なワーキングビザに当たるのですがこちらのビザを申請する場合ほとんどが高校卒業以上の学歴に対する仕事の経験期間の証明が必要となるので難しいでしょう。
ただし、職業が美容師さんや調理師さんなどの場合、公的機関が発行したライセンスなどが有る場合は、そのライセンス、第三者の推薦書及び5年以上の業務経験を証明する書類を提出すれば高校を卒業していなくてもビザの申請を行うことが可能なようです。また芸能活動をする予定の芸能人の方のビザ申請の際も学歴証明書類は必要ありません。しかしながら、台湾以外での芸能活動の実績を証明する雑誌の切抜きや出演番組、CMなどの映像の提出を行わなければ実績にはなりません。ゆえに過去に活動しておらず、台湾で初めて芸能活動をしようという場合にはビザ発給が難しい可能性があります。
学歴が関係ないもう一つのビザに投資というビザがあります。このビザは会社に投資を行うことで発行されるもの。一定金額以上の投資を行えばビザ申請が可能なので、会社の設立も含めお考えの場合はこちらの手続きがお薦めかもしれません。

なおビザ発給に関するルールの管理、設定はすべて関連機関が行っています。目にすることが出来るルールと、そうでない特別なルール、また変更になったルールなどケースによって対応が様々なので、詳細を確認したい場合は具体例を出したうえで、直接労働委員会または会計師と呼ばれるプロの方にお伺い頂いた方がいいでしょう。


(担当特派員:TOP1号)
   
参考になりましたでしょうか?クリックお願いします!


スポンサーサイト
Copyright (C) 台湾ライフ質問箱. All rights reserved. Template by Underground
留学